[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平へ「下手な日本語、失礼シマシタ」 粋な進行した米キャスターに同業者も称賛

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、大リーグ機構から「コミッショナー特別表彰」を受賞した。MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏とともに記者会見したが、進行を務めた米キャスターは大谷に敬意を表し、日本語で約20秒間話すシーンも。「下手な日本語で、失礼シマシタ」と締めくくった場面には、現地のメディア関係者からも「超良かった」「素晴らしい」などと称賛が送られている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

コミッショナー特別表彰の会見、大谷も頷いて笑顔に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、大リーグ機構から「コミッショナー特別表彰」を受賞した。MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏とともに記者会見したが、進行を務めた米キャスターは大谷に敬意を表し、日本語で約20秒間話すシーンも。「下手な日本語で、失礼シマシタ」と締めくくった場面には、現地のメディア関係者からも「超良かった」「素晴らしい」などと称賛が送られている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 敬意の伝わる話し方だった。会見場でマンフレッド氏、水原一平通訳に挟まれて座った大谷。すると、進行を務めた米放送局「MLBネットワーク」のキャスター、スティーブン・ネルソン氏は「日本のメディアの皆さん、コンバンワ」と日本語で挨拶した。

 続けて「MLBネットワークのネルソンと申します。次は、マンフレッド・ロブさんが、大谷選手に、特別な発表がございます」と説明。最後は「下手な日本語で、失礼シマシタ」と締めていた。聞いていた大谷も時折頷き、微笑みを浮かべていた。

 実際の映像をネルソン氏は自身のツイッターに公開。「私は日本の学校に通っていました。それ以来ほとんど話していないので、喋れなくなっていますが。しかし、ショウヘイにとっての特別な夜なので、彼と日本のメディアを歓迎したかったんです。完璧ではありませんでしたが、これからも(日本語能力の)鈍りを溶かしていきたい」と、日本語で語った意図を文面で明かしていた。

 投稿を見た他の米メディア関係者もツイッターで反応。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者は「超良かったよ。スティーブンが仕事ができるもう1つの理由だね」と称え、MLB公式サイトのアンソニー・カストロヴィンス記者は「私は(日本語を)理解できていないけど、素晴らしいと思ったよ!」と投稿。米地元紙「ボストン・グローブ」のレッドソックス番を務めるピート・アブラハム記者も「直接見ていたけど、クールな瞬間でした。グッジョブ」と称賛していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集