[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平MVPを認めない米ファンを“教育” 132勝OBがSNSで激論展開「人生で一度だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、米専門誌「ベースボール・アメリカ」の2021年シーズン年間最優秀選手に選出された。米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説を務める、元MLB投手のマーク・グビザ氏はツイッターで祝福。すると大谷のMVP受賞に懐疑的な米ファンが現れ、グビザ氏は「投手の誰かに聞いてみな」などと“教育”を試みている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷の打率指摘のファンにグビザ氏「投手の誰かに聞いてみな?」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、米専門誌「ベースボール・アメリカ」の2021年シーズン年間最優秀選手に選出された。米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説を務める、元MLB投手のマーク・グビザ氏はツイッターで祝福。すると大谷のMVP受賞に懐疑的な米ファンが現れ、グビザ氏は「投手の誰かに聞いてみな」などと“教育”を試みている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷は今季投げては9勝、打っては46本塁打と二刀流で大活躍。グビザ氏は「史上最高だ! MVPはオオタニさん! #Sugoi」と「ベースボール・アメリカ」の年間最優秀選手賞受賞を祝福。この投稿に、ある米ファンが「ショータイムはア・リーグMVP史上最低打率じゃない? 偉大なロジャー・マリスでも.269で61本塁打だった」とコメントした。

 グビザ氏は「46本塁打、103得点、100打点、投手で9勝、156奪三振、26盗塁だ! だから彼はMVPなんだよ」と説明。それでも「ブラッドJr.だ」とブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.をMVPに推すファンに、グビザ氏は「ブラッドJr.は大好きだし、彼は素晴らしいシーズンを過ごした。でもショウヘイは人生で一度のシーズンだった」と意見した。

 次第に熱を帯びる論戦。ファンは「ホームランダービーの後、彼の数字はかなり下がったし、多くのMVPは打率.300、出塁率.400を超える。彼の後半戦は打率.230だ。それに彼はDHだったから試合中ずっとプレーしたわけじゃない。投手として打率.258は素晴らしいけど、(捕手の)サルバドール・ペレスも優れたシーズンだった」と返信。するとグビザ氏は“教育”モードでこのように投稿した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集