[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平MVPを認めない米ファンを“教育” 132勝OBがSNSで激論展開「人生で一度だ」

グビザ氏は熱弁「トップ3の勝率、9回平均奪三振数だぞ」

「彼は23試合に先発した。最も過酷なポジションだ。登板翌日(体が)どのように感じるか、投手の誰かに聞いてみな? それでも彼はほぼ毎日プレーしたんだよ。MVPだ。以上」


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 グビザ氏は現役時代、エンゼルスなどでMLB通算132勝を記録。経験に裏打ちされた説明だが、それでもファンは「9勝は20勝と同じではない」と食い下がる。グビサ氏は「9勝2敗だよ。トップ3の勝率、防御率、9回平均奪三振数だぞ。そのうえ46本塁打、26盗塁、100打点なんだ。話せて嬉しいよ。MVPだ」と辛抱強く解説していた。

 大谷は今季のア・リーグMVP最有力候補に挙がっているが、サイ・ヤング賞3度、通算219勝をあげた元投手のペドロ・マルティネス氏はゲレーロJr.を推すなど別の意見もある。歴史的なシーズンを送った大谷の選出なるか、注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集