[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー日本代表、国内2年ぶり国際試合は豪州に23-32惜敗 世界3位から歴史的1勝ならず

ラグビー日本代表は23日、昭和電工ドーム大分で世界ランキング3位の強豪・オーストラリアとテストマッチで対戦。23-32で敗戦し、オーストラリアに対してはこれで6戦全敗となった。大黒柱のFLリーチ・マイケルを怪我で欠いたものの、2019年のワールドカップ(W杯)日本大会に出場した11人が先発。約2年ぶりとなる日本国内での国際試合で、歴史的1勝とはならなかった。

国内で2年ぶりの国際試合となったオーストラリア代表との一戦を勝利で飾ることはできず【写真:Getty Images】
国内で2年ぶりの国際試合となったオーストラリア代表との一戦を勝利で飾ることはできず【写真:Getty Images】

大分でテストマッチ、これで豪州戦は6戦全敗に

 ラグビー日本代表は23日、昭和電工ドーム大分で世界ランキング3位の強豪・オーストラリアとテストマッチで対戦。23-32で敗戦し、オーストラリアに対してはこれで6戦全敗となった。大黒柱のFLリーチ・マイケルを怪我で欠いたものの、2019年のワールドカップ(W杯)日本大会に出場した11人が先発。約2年ぶりとなる日本国内での国際試合で、歴史的1勝とはならなかった。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 世界ランク10位の日本はPR稲垣啓太、SO松田力也、WTBレメキ・ロマノ ラヴァら19年W杯を戦った11選手がスタメン。新主将のピーター・ラブスカフニも出場した。オーストラリアはトップリーグ・トヨタ自動車でもプレーした主将マイケル・フーパーを中心にしたメンバーで臨んだ。

 前半先制したのはオーストラリア。7分にトム・ライトのトライが飛び出し、その後のコンバージョンキック(CV)もクウェイド・クーパーが決めて7点を奪った。日本は16分に松田がペナルティーゴール(PG)を決めて3点を返すも、その6分後にはジョーダン・ペタイアにトライを決められるなど3-14までリードを広げられた。

 日本の攻撃が光ったのは26分。松田が右サイドへ正確なキックパスを繰り出すと、これをレメキがキャッチしてトライ。直後のCVも松田が決め、33分にもPGで得点。13-14と1点差に詰め寄った。しかし41分にはクーパーにトライを決められ、13-17で前半を折り返した。

 後半もオーストラリアが早速攻める。2分にタニエラ・トゥポウのトライで13-22とリードを広げた。劣勢だった日本は8分、19年W杯でも活躍した田村優、徳永祥尭ら3人を新たに投入。それでもオーストラリアの攻勢は止まらず、11分にはロブ・レオタにトライを決められ13-27とされた。

 スタジアムに集まった観客が手拍子で応援を送る中、日本の反撃は15分。一瞬の隙を突いた中村亮土がインターセプトし、自ら運んでトライ。その後のCVも田村が決め、20-27と7点差に迫った。その後も田村のPGで3点を追加するも、38分にはコナル・マキナニーにトライを決められて逆転はならず。久々の日本国内での国際試合を、勝利で飾ることはできなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集