[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、アストロズ大物もMVP太鼓判 ゲレーロは「可能」の範疇「150K&45発は無理」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季投打の活躍によりア・リーグMVPの最有力候補となっている。打っては46本塁打、投げても9勝など歴史的シーズンを送った二刀流に対し、アストロズの大物遊撃手も「自分にとっては彼がMVP。150奪三振に45本塁打を同じシーズンでやるなんて誰もできない」と太鼓判を押している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ゲレーロJr.も認めながら「大谷がやっていることは誰もできない」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季投打の活躍によりア・リーグMVPの最有力候補となっている。打っては46本塁打、投げても9勝など歴史的シーズンを送った二刀流に対し、アストロズの大物遊撃手も「自分にとっては彼がMVP。150奪三振に45本塁打を同じシーズンでやるなんて誰もできない」と太鼓判を押している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 大谷について語ったのは、アストロズのカルロス・コレア内野手だ。今季は打率.279、26本、92打点と活躍。エンゼルス戦では、二塁に進んだ大谷と、同僚の二塁手ホセ・アルトゥーベを交えて談笑するシーンも見られた。

 2012年ドラフト全体1位でアストロズに入団し、チームを牽引しているコレア。以前にも大谷の多彩さを評価するコメントを残しているが、MLB公式サイトに公開されたインタビュー映像の中で、今季のMVPレースについても回答。大谷のライバルとされるブラディミール・ゲレーロJr.内野手(ブルージェイズ)と比較し、「難しいね」と言いつつも考えを明らかにした。

「バイアスを掛けたくない。自分はラテン系の人間だからゲレーロが好きだし彼は素晴らしい男だけど、ショウヘイ・オオタニがMVPに相応しいと思う。ブラッディ(ゲレーロ)はずっとスペシャルだった。開幕から安定していた。

 でも、こう考えさせてほしい。リーグにいるマイク・トラウトやムーキー・ベッツのようなビッグヒッターは、1シーズン大活躍することはできると思う。本塁打王や首位打者、打点王とかね。これは可能。でもショウヘイ・オオタニがやっていることはメジャーの誰もできないと思う。だから自分にとっては彼がMVP。150奪三振に45本塁打を同じシーズンでやるなんて誰もできない」

 48本塁打で本塁打王となり、打率.311、111打点も記録しているゲレーロJr.の能力を評価しながらも、投手として130回1/3を投げて156奪三振、野手としても46本塁打を放つだけでなく26盗塁を記録するなど、歴史的シーズンを過ごした大谷がMVPに相応しいとコレアは語っていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集