[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、トンネル抜ける豪快45号! 衝撃136m弾に米記者は歓喜「あぁ、これだ!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。8回の第4打席に10試合ぶりとなる45号ソロ本塁打を放った。トンネルを抜ける一発でMLBトップと1本差に。136メートル弾の実際の映像をMLBが公開。米記者からは「あぁ、これだ」「深ーーーーいところに運んだ」と注目している。

8回の第4打席で45号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
8回の第4打席で45号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

10試合ぶり一発でトップに1本差、米記者「深ーーーい」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。8回の第4打席に10試合ぶりとなる45号ソロ本塁打を放った。トンネルを抜ける一発でMLBトップと1本差に。136メートル弾の実際の映像をMLBが公開。米記者からは「あぁ、これだ」「深ーーーーいところに運んだ」と注目している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 遂に出た。しかも豪快な一撃だ。8回先頭で打席に立った大谷。右腕ハビアーが投じた内角94マイル(約151キロ)の速球を強振した。凄まじい打球音とともに、ボールは右翼席へ一直線。スタンド中段に届く45号ソロとなった。大歓声の中、大谷はゆっくりとホームインした。

 飛距離445フィート(約135.6メートル)、打球速度116.1マイル(約186.8キロ)の特大弾。実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。米記者たちもツイッターで驚きの声があげている。

 AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ショウヘイ・オオタニが8回に45号ソロ本塁打。右翼席の深ーーーーいところに運んだ」と飛距離に注目。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者も「あぁ、これだ。ショウヘイ・オオタニが45号本塁打。9月10日以来の一発」とツイートした。

 これでMLB最多を走るゲレーロJr.(ブルージェイズ)、ペレス(ロイヤルズ)に1本差の45号。久々の一発で、上昇気流に乗りたいところだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集