[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子は2アンダー発進 ベタピンに大ギャラリー拍手「あそこで切り替えられた」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスが18日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で開幕した。2019年大会で優勝している渋野日向子(サントリー)は4バーディー、2ボギーの69で回り、2アンダーで初日を終えた。会見では笑顔を見せ「最後は持ち直してやりきれた」と話した。

2アンダーで初日を終えた渋野日向子【写真:Getty Images】
2アンダーで初日を終えた渋野日向子【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスが18日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で開幕した。2019年大会で優勝している渋野日向子(サントリー)は4バーディー、2ボギーの69で回り、2アンダーで初日を終えた。会見では笑顔を見せ「最後は持ち直してやりきれた」と話した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 多くのギャラリーを引き連れて古江、勝とラウンドした渋野。インスタートの序盤は我慢のゴルフが続いたが、16番パー3の第1打でベタピンショットを見せると、グリーン周りのファンからは大きな拍手が送られた。バーディーで勢いに乗り、17番パー5では2オンに成功。イーグルパットは外したものの連続バーディーを奪い、前半を1アンダーで折り返した。

 後半も1つ伸ばし、会見では「16番のティーショット。あそこで切り替えることができたし、いい感じで振れたので、良い印象を持って次のホールに臨めた」と明るい表情を見せた。

 12番から3ホール連続でショットが右に出るミスを犯したことを反省。ただ、体が温まった後半によく振れるようになった。「途中までは気持ち的にも落ちてたところはあったんですけど、最後はしっかり持ち直してやりきれた」と初日に及第点を与えた。

 12月に米女子ツアー最終予選会に参加するため、今季の国内ツアーはこれがラストマッチ。今回のコースでは2019年に優勝、昨年も5位と好成績が続いている。それでも「良いイメージはありますけど、去年とか一昨年とはゴルフの内容も違いますし、やっていることも考えていることも新しいことをしているので」と気の緩みはなかった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集