[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗が“本名初戦”でV7に自信 急遽相手が変更も「あ、この人かという感じ」

ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の予備検診が20日、都内のホテルで行われ、全選手とも異常なしと診断された。WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)は身長164.5センチ、首回り34.0センチ、胸囲82.0センチ、リーチ164.0センチ。挑戦者の同級12位ランディ・ペタルコリン(フィリピン)は身長160センチ、首回り35.5センチ、胸囲87.0センチ、リーチ170.0センチだった。

寺地拳四朗(左)とランディ・ペタルコリン【写真:浜田洋平】
寺地拳四朗(左)とランディ・ペタルコリン【写真:浜田洋平】

改名して臨む相手は元WBA暫定王者・ペタルコリン

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の予備検診が20日、都内のホテルで行われ、全選手とも異常なしと診断された。WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)は身長164.5センチ、首回り34.0センチ、胸囲82.0センチ、リーチ164.0センチ。挑戦者の同級12位ランディ・ペタルコリン(フィリピン)は身長160センチ、首回り35.5センチ、胸囲87.0センチ、リーチ170.0センチだった。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 7月に指名挑戦者ジョナサン・タコニン(フィリピン)に4回TKO勝ちし、6度目の防衛を果たした拳四朗。リングネームを本名の寺地拳四朗に改めて臨む一戦を前に「体調も凄くいい。動きもいいし、疲れもないし万全です」と順調な仕上がりをアピールした。

 当初はIBF王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)との統一戦を予定していたが、アルバラードが急性気管支炎となり中止に。対戦相手がペタルコリンと発表されたのは11月22日だった。WBA暫定王座に就いた経験を持つ正統派サウスポーが相手となったが「なんとも思わない。あ、この人か、という感じ。1ラウンド目を支配できれば大丈夫」と気に留めなかった。

 今回は水抜きの期間を1日少なくするなど、減量方法を変えて臨む。「水を抜いている期間が1日多いとその分しんどい。今回は(減量は)そこまでしんどくない」と効果を実感しているようだ。

 7度目の防衛となれば、ライトフライ級では元WBA世界王者・具志堅用高氏のV13に次ぎ、歴代2位タイ。元WBA・IBF統一王者・田口良一氏に並ぶ。リーチ差6センチの戦いとなるが「自分の距離で戦って圧倒するだけ。そこを楽しみにいい結果を楽しみにしてもらえれば」と自信をみなぎらせた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集