[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナバレッテ、井上尚弥戦実現でも… 米メディアが「イノウエ圧勝」を予想したワケ

ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが7日(日本時間8日)、メキシコ・プエブラで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がフランシスコ・オルタ(メキシコ)に4回2分9秒TKO勝ちを収めた。海外メディアでWBAスーパー&IBFバンタム級王者・井上尚弥(大橋)との最強王者対決に期待が高まる中、米メディアは「イノウエの圧勝を予想せざるを得ない」と分析している。

井上尚弥(左)とエマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とエマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】

V4を達成したナバレッテの今後を米メディアが展望

 ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが7日(日本時間8日)、メキシコ・プエブラで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がフランシスコ・オルタ(メキシコ)に4回2分9秒TKO勝ちを収めた。海外メディアでWBAスーパー&IBFバンタム級王者・井上尚弥(大橋)との最強王者対決に期待が高まる中、米メディアは「イノウエの圧勝を予想せざるを得ない」と分析している。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

「エマヌエル・ナバレッテがフランシスコ・オルタを破壊した」と特集したのは、米専門メディア「ボクシングニュース24」だった。2回に一気にギアを上げ、4回にオルタを猛ラッシュで倒したナバレッテ。昨年12月のタイトルマッチでアイザック・ドグボエ(ガーナ)を倒してベルトを勝ち取って以来、52週間で5戦5勝を挙げたメキシコの新鋭の来季の動向に注目が集まっている。

 記事では「ナバレッテは2020年に野望を抱いている。122ポンド(スーパーバンタム級)で統一戦を狙っている。そして、バンタム級王者ナオヤ・イノウエが122ポンドに上がってきた場合、戦うことに興味を示している」と報じている。

 ナバレッテ自身も過去に米メディアに対し、「モンスター・イノウエは誰もが対戦を切望するファイターだと思う。オレもそのリストに入っている。彼のようなファイターと対戦できることは喜びだ。122ポンドで彼を歓迎したい」と語り、対戦を熱望していた経緯がある。

 スーパーバンタム級で最強の呼び声高いナバレッテと米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)3位の井上のドリームマッチが実現したら、勝敗はどうなるのだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集