[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「MVP男」レナードも認める実力 八村塁活躍のカギを握る“ある職人”の存在

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が8日(日本時間9日)の本拠地クリッパーズ戦に開幕22試合連続でスタメン出場。1日に敵地で対戦し、八村自身はキャリアハイとなる30得点を記録するも125-150で敗れた相手に5試合連続35分超の出場となり、17得点、7リバウンド、4アシストをマーク。チームは優勝候補の一角相手に接戦を演じるも119-135で敗戦、2連敗となった。

デイビズ・ベルターンズ(左)と八村塁【写真:Getty Images・AP】
デイビズ・ベルターンズ(左)と八村塁【写真:Getty Images・AP】

八村と“3P職人”ベルターンズの同時起用で巻き返しに成功

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が8日(日本時間9日)の本拠地クリッパーズ戦に開幕22試合連続でスタメン出場。1日に敵地で対戦し、八村自身はキャリアハイとなる30得点を記録するも125-150で敗れた相手に5試合連続35分超の出場となり、17得点、7リバウンド、4アシストをマーク。チームは優勝候補の一角相手に接戦を演じるも119-135で敗戦、2連敗となった。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 クリッパーズがリードを得れば、ウィザーズが追い上げを見せる展開となったこの試合。八村は主にゴール下で活躍、相手のファウルを誘うなどしてキャリアハイとなるフリースロー7本を獲得し、全て成功させた。しかし、この試合で最も存在感を示したのはウィザーズの“3P職人”デイビズ・ベルターンズだった。

 今季スパーズから加入したラトビア人はリーグ屈指の3Pシューター。今季ここまで22試合の出場で84本の3Pを決めている。これは全試合出場する前提で考えると、最終的に313本の3Pを決める計算だ。NBAの歴史上、1シーズンで300本以上3Pを決めた選手は過去に、ステフィン・カリーとジェームズ・ハーデンしかいない。ベルターンズはこのリストに加わる可能性を十分に持っている。

 この試合を含む過去3試合で、38本中18本の3Pを成功させているベルターンズ。クリッパーズ相手にも6本の3Pを沈めた。昨季ファイナルMVPのカワイ・レナードも試合後の会見で「ベルターンズがリズムに乗った時にどうディフェンスするのがいいか」という質問を受け、「まずボールを持たせてはいけないんだ」と話し、ベルターンズの実力を認めた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集