[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「東京五輪と、その先へ」 国内外470人参加、ハイパフォーマンススポーツ会議とは

10月28日から2日間、『ハイパフォーマンススポーツカンファレンス2019』(主催=独立行政法人 日本スポーツ振興センター/ハイパフォーマンススポーツセンター)が、東京・ハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)で開催された。

スポーツ医学・科学研究などのセミナーやミニセッション、ブースやポスター展示で情報を発信した【写真:編集部】
スポーツ医学・科学研究などのセミナーやミニセッション、ブースやポスター展示で情報を発信した【写真:編集部】

スポーツ関係者を中心に国内外から470人が参加

 10月28日から2日間、『ハイパフォーマンススポーツカンファレンス2019』(主催=独立行政法人 日本スポーツ振興センター/ハイパフォーマンススポーツセンター)が、東京・ハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)で開催された。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 スポーツ医・科学研究の分野で多様な研究や事業を実施するHPSCでは、毎年、当カンファレンスを主催。3回目を迎える今年は、来年に迫ったオリンピック自国開催に向けて、「過去に自国開催を経験した国からのゲストの知見や直前対策の共有、そしてスポーツの発展を東京大会で終わらせないことが重要」(HPSC)と、『東京2020、そしてその先へ』をテーマに開催。会場にはスポーツ関係者を中心に、競技団体関係者や研究者、企業、教育関係、そして学生など、国内外から2日間470人が参加した。

 カンファレンスでは、スポーツ医学・科学研究や現場の事例に基づき、セミナーやミニセッション、ブースやポスター展示により情報を発信。参加者は普段なかなか触れることのできない、トップアスリートのトレーニングやコンディショニング、リカバリーに関する最先端のスポーツ医科学の情報や、代表チーム経験者による現場の声に熱心に耳を傾けた。

 また、今回は特に競技者の育成、女性アスリートの競技力向上や支援、アスリートのキャリア形成をテーマにしたセミナーや展示も充実。東京2020大会以降のデュアルキャリア支援体制を主題としたセミナーでは、現在、企業でアイスクリーム事業の開発に携わる元柔道女子代表の松本薫氏(ロンドン2012大会で金メダル、リオ2016大会で銅メダルを獲得)が登壇。他のセミナーでも、チーム運営や育成に関わる元アスリートたちが登場し、それぞれが未来の日本スポーツ界のあり方や展望について語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集