[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

天才3人娘で一番“女性の滑り”をしてるのは? 露識者「彼女は未成熟に見えない」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルのは16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が初出場V。2位にアンナ・シェルバコワ(ロシア)、3位にアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が入り、今季シニアデビューした同門の3人が表彰台を独占した。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏はロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで大会を総括し、「表彰台3人で誰が一番、“女性の滑り”をしているか」の問いに言及している。

アレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ(左から)【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ(左から)【写真:Getty Images】

元世界女王ブッテルスカヤ氏が母国メディアで大会総括

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルのは16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が初出場V。2位にアンナ・シェルバコワ(ロシア)、3位にアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が入り、今季シニアデビューした同門の3人が表彰台を独占した。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏はロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで大会を総括し、「表彰台3人で誰が一番、“女性の滑り”をしているか」の問いに言及している。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 GPシリーズの総決算となるファイナルの表彰台をシニア1年目の3人が独占した。ブッテルスカヤ氏は母国メディアのインタビューに応え、大会を総括した。優勝したのは合計得点で世界新記録を樹立したコストルナヤ。「彼女の優勝はSPの後に予測できましたか?」と問われると、母国の世界女王は手放しで称えた。

「正直に言うと、私は彼女のことが特に好きです。今シーズンにおいて、コストルナヤは私のお気に入りです。単純に彼女に関しては文句のつけようがない。滑りそのものにジャンプ、スピン、エモーショナルなもの――すべてが正しくてとても魅惑的。私は彼女を応援しています」

 素直に“コストルナヤ推し”であることを認めたブッテルスカヤ氏。かつてフィギュア界を席巻したロシアの先輩エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワのような成功を期待する風潮があることについては「もしかしたら、そうかもしれません」としながら、冷静さを求めた。

「しかし、今年はまだ彼女にとってシニア1年目です。この3人の少女たちは同じように素晴らしく演技し、これからさらにお互い競い合っていくでしょう。コストルナヤがGPファイナルでは勝ちましたが、それは彼女が明確なリーダーであることを意味しません。他の2人は彼女を追い越そうとして、そう簡単には勝たせないでしょう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集