[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生&宇野に続け 15歳佐藤駿の世界新Vに米記者称賛「無敵のJPGファイナル王者だ」

フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の佐藤駿(埼玉栄高)が177.86点をマークし、ジュニア世界歴代最高となる合計255.11点で逆転優勝を飾った。日本勢では小塚崇彦、羽生結弦、宇野昌磨に続く4人目の快挙。米記者も称賛している。

JGPファイナルを優勝した佐藤駿【写真:Getty Images】
JGPファイナルを優勝した佐藤駿【写真:Getty Images】

小塚、羽生、宇野以来となる4人目のジュニアGPファイナル制覇

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の佐藤駿(埼玉栄高)が177.86点をマークし、ジュニア世界歴代最高となる合計255.11点で逆転優勝を飾った。日本勢では小塚崇彦、羽生結弦、宇野昌磨に続く4人目の快挙。米記者も称賛している。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 日本期待の15歳がトリノで輝いた。佐藤は冒頭の4回転ルッツを着氷。会場を一気に惹き込むと、3本の4回転ジャンプを含め、7本のジャンプを成功させた。叩き出した合計255.11点はジュニア世界歴代最高。キス・アンド・クライではコーチと歓喜を爆発させた。文句なしの演技で戴冠を果たし、海外メディアも高く評価している。

 国際スケート連盟(ISU)公式ツイッターは圧巻の高さで決めた3回転アクセルを動画付きで公開。また、米名物記者のジャッキー・ウォン氏も自身のツイッターで「ここでは無敵のジュニアGPファイナルチャンピオンだ」と圧倒的な演技を評価。日本を牽引している羽生、宇野に続く次世代のタレントとして、さらに期待が集まりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集