[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

おりひめJを寄せ書きで激励 熊本で連日熱戦「世界にジャンプ」「ともに戦うバイ」

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は5日、D組の1次リーグ第4戦(パークドーム熊本)で同2位のロシアと対戦し、23-33で2連敗となった。1試合を残して2勝2敗の勝ち点4で6チーム中3位。敗れたものの、日本戦の直後にアルゼンチンがスウェーデンに敗れたため、ロシアとスウェーデンの4連勝チームとともに日本の2次リーグ進出が決定した。6日の最終戦は世界ランク20位の中国と対戦する。

会場に設置されている「おりひめJAPAN」への寄せ書き【写真:荒川祐史】
会場に設置されている「おりひめJAPAN」への寄せ書き【写真:荒川祐史】

会場のパークドーム熊本入り口に激励の寄せ書きボード設置

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は5日、D組の1次リーグ第4戦(パークドーム熊本)で同2位のロシアと対戦し、23-33で2連敗となった。1試合を残して2勝2敗の勝ち点4で6チーム中3位。敗れたものの、日本戦の直後にアルゼンチンがスウェーデンに敗れたため、ロシアとスウェーデンの4連勝チームとともに日本の2次リーグ進出が決定した。6日の最終戦は世界ランク20位の中国と対戦する。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 今大会、日本が1次リーグを戦っている会場のパークドーム熊本には、2枚の大きなボードが設置されている。白い板にはファンの寄せ書きがびっしり。「おりひめJAPAN」の勝利を願う激励のメッセージが記されていた。

 日本協会のオフィシャルパートナーを務めるヤマト運輸の主動で募集。11月21日から24日まで都内で行われたJAPAN CUPでメッセージを呼び掛けた。さらに開催地の熊本でも大会までに1枚分を募集。熊本分をパークドーム熊本の入り口に設置し、東京分の1枚はスタンド最上段に、もう1枚は選手宿舎へと運ばれた。

 ボードには「勝利へ、届け。おりひめJAPAN」の文字があり、左側に背番号8のユニホームの絵も描かれている。日本協会広報担当者は「ハンドボールは7人でやるスポーツ。8人目はファンです。男女とも、日本代表の8番はファンのために欠番となっています」と説明。一丸となって戦う決意が込められたボードだ。会場入り口の1枚には、寄せ書きがこう記されている。

「ファイト! ともに戦うバイ」
「頑張れ、日本!!」
「日の丸魂を世界に見せろ」
「世界にジャンプ!」
「飛翔」
「最高のプレーを!!」
「頑張れ日本! 熊本を明るくしてください!」
「勝ちまくれ!」
「ハンドボール、楽しいよ。もっと人気になれー!」

 さらに会場外にあるファンゾーンには、くまモンが着たユニホームが飾られている。これにも「夢中になれ おりひめJAPAN」「ベストを尽くせ!」「あきらめたらそこで試合終了だ!」などとファンの熱い寄せ書きが記されていた。

 おりひめJAPANは6日の1次リーグ最終戦で中国と対戦。熱戦が期待される。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集