[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

おりひめJは「勇敢に戦った」 番狂わせ阻止、リオ女王・ロシアが日本の速攻を称賛

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は5日、D組の1次リーグ第4戦(パークドーム熊本)で同2位のロシアと対戦し、23-33で2連敗となった。1試合を残して2勝2敗の勝ち点4で6チーム中3位。敗れたものの、日本戦の直後にアルゼンチンがスウェーデンに敗れたため、ロシアとスウェーデンの4連勝チームとともに日本の2次リーグ進出が決定した。6日の最終戦は世界ランク20位の中国と対戦する。

アンナ・セン【写真:荒川祐史】
アンナ・セン【写真:荒川祐史】

同点で前半終了、ロシアが後半に10点差で貫録示す

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は5日、D組の1次リーグ第4戦(パークドーム熊本)で同2位のロシアと対戦し、23-33で2連敗となった。1試合を残して2勝2敗の勝ち点4で6チーム中3位。敗れたものの、日本戦の直後にアルゼンチンがスウェーデンに敗れたため、ロシアとスウェーデンの4連勝チームとともに日本の2次リーグ進出が決定した。6日の最終戦は世界ランク20位の中国と対戦する。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 ロシアは日本の大番狂わせの雰囲気を打ち消した。リオ五輪金メダルで世界選手権7度の優勝を誇るロシアは、前半は日本の速い攻撃に苦戦。14-14の前半26分には一時逆転を許した。開催国を相手に16-16で前半を折り返したが、後半は日本にプレッシャーをかけて主導権を握った。日本にミスが目立つと、容赦なくフィジカルを生かしたプレーで得点を量産。後半に10点差をつけ、無傷の4連勝を飾った。

 試合後、ロシアのマーティン・セドレス・ヘッドコーチ(HC)は「とても良い試合だった。日本チームも前半は善戦して、我々は難しい状況になった。勝てたチームにお祝いを伝えたい」と安堵の表情。さらに日本の速攻に苦戦したことを認めつつ、主導権を握ることを意識していたことを明かした。

「速い展開で見ていて良い試合だった。日本は勇敢に戦った。(自分たちは)特に大きなプレッシャーを前半は感じていた。攻防が難しくなったのが前半。後半は切り替えられた。後半が鍵となった試合ですね。(ロシアの)後ろの選手も真ん中に来て試合を進められた。目指したのはリズムをしっかりと保つこと。試合の主導権を得ることで勝利を得ようとした。非常に速い展開の試合になった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集