[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重超過のネリ、再計量行わずにロドリゲス戦実施か 米記者報道「ペナルティ協議中」

23日(日本時間24日)に米ラスベガスで、ボクシングの前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBC世界バンタム級前王者ルイス・ネリ(メキシコ)。22日(同23日)に現地で計量に臨んだが、1回目でバンタム級のリミット118ポンド(53.52キロ)から1ポンド(0.45キロ)オーバーとなったが、再計量は行わず、体重超過で試合に臨む可能性が浮上している。

ルイス・ネリ【写真:Getty images】
ルイス・ネリ【写真:Getty images】

450g超過も試合実施か、米記者が「試合はOKとなった」と報道

 23日(日本時間24日)に米ラスベガスで、ボクシングの前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBC世界バンタム級前王者ルイス・ネリ(メキシコ)。22日(同23日)に現地で計量に臨んだが、1回目でバンタム級のリミット118ポンド(53.52キロ)から1ポンド(0.45キロ)オーバーとなったが、再計量は行わず、体重超過で試合に臨む可能性が浮上している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ネリがボクシングの本場ラスベガスでまたも失態を犯した。1回目の計量で体重超過。6階級制覇王者マニー・パッキャオのチーフトレーナーを務める名伯楽に師事し、入念にコンディションを作ってきたはずが、0.45キロオーバーとなった。当初は再計量に臨み、2時間以内に0.45キロ落とすと伝えられていたが、予想外の事態が待っていた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者は「ルイス・ネリとフリオ・セハは再計量を行わないと聞いた。ネリは1ポンド、セハは4.5ポンド体重超過」とツイッターで速報した。

 今回の試合はデオンテイ・ワイルダー(米国)とルイス・オルティス(キューバ)のヘビー級タイトルマッチの前座として行われるが、ネリに加え、WBA世界バンタム級暫定王者ブランドン・フィゲロア(米国)と戦うセハとともに体重超過した両者は再計量しないと報じている。

 一方、ESPNのサルバドール・ロドリゲス記者はツイッターで「ウェートを作らなかったルイス・ネリとフリオ・セハのペナルティを協議中だが、マニー・ロドリゲスとブランドン・フィゲロア戦は土曜日、ラスベガスでOKとなった」と速報。アンダーカードの2試合は行われる見通しを報じている。

 ネリは18年3月の山中慎介戦で大幅に計量オーバーし、試合前にタイトル剥奪となった前科を持っていた。これ以上落とせないなど、体への負担を考慮して再計量が行われないまま試合が実施されることもある。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集