[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリがまたやった ロドリゲス戦前日計量で450g超過、再計量でクリアなるか

23日(日本時間24日)に米ラスベガスでボクシングの前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)。22日(同23日)に現地で前日計量に臨んだが、1回目でバンタム級のリミット118ポンド(53.52キロ)から1ポンド(0.45キロ)オーバー。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

1ポンドオーバー、海外メディアなど続々速報

 23日(日本時間24日)に米ラスベガスでボクシングの前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)。22日(同23日)に現地で前日計量に臨んだが、1回目でバンタム級のリミット118ポンド(53.52キロ)から1ポンド(0.45キロ)オーバー。18年3月の山中慎介戦で大幅に計量オーバーし、試合前にタイトル剥奪となった前科を、海外メディアが再びクローズアップしている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ネリがまたやってしまった。「ボクシングの聖書」と呼ばれる米リング誌公式ツイッターでは「ルイス・ネリは119ポンドで体重超過。マニー・ロドリゲスはちょうど118パウンド」と速報。海外メディアに加え、WBCも公式ツイッターでレポートするなど、“問題児”の1回目の計量クリアできずを次々に伝えている。

 英ラジオ局「トーク・スポーツ」のボクシング担当記者マイケル・ベンソン氏も自身のツイッターで「ルイス・ネリは明日夜のエマヌエル・ロドリゲスとのバンタム級の試合に119ポンドで登場し、体重超過。ここから2時間で1ポンド落とすことになる。ネリは昨年シンスケ・ヤマナカ戦で121ポンドで計量し、WBCのタイトルを剥奪されている」と速報している。

 再計量に臨むことになったネリ。山中戦では1回目の2.3キロ、最計量では1.3キロ超過し、タイトル剥奪の憂き目を見ていた。今回の1回目は0.45キロ超過だが、果たして問題児はクリアできるだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集