[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、笑顔を取り戻した4位 ランビエール氏が労う「よくやった、よくやった」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日(日本時間17日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が164.95点、合計252.24点で4位。表彰台こそ逃したが、今大会同行したステファン・ランビエールコーチと座ったキス・アンド・クライでは笑顔を取り戻した。印象的なシーンを海外メディアが公開し、ランビエール氏が「よくやった、よくやった」と労ったことを伝えている。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

キス・アンド・クライでランビエール氏に抱かれて“昌磨スマイル”

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日(日本時間17日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が164.95点、合計252.24点で4位。表彰台こそ逃したが、今大会同行したステファン・ランビエールコーチと座ったキス・アンド・クライでは笑顔を取り戻した。印象的なシーンを海外メディアが公開し、ランビエール氏が「よくやった、よくやった」と労ったことを伝えている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 昌磨スマイルが戻った。宇野は冒頭の4回転サルコウで転倒し、続く4回転トウループは回避。取り返すように、演技の後半には果敢に4回転トウループに挑んだ。転倒したが、攻める姿勢を最後まで見せた。キス・アンド・クライでは今大会同行しているランビエール氏に肩を抱かれ、笑みがこぼれた。

 今季は専属コーチをつけず、初戦の第3戦フランス杯ではミスをした演技直後、たった一人のキス・アンド・クライで涙したこともあった。しかし、ランビエール氏の隣で昌磨スマイルを見せた印象的なシーンをIOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」公式ツイッターが画像付きで公開し、こうつづっている。

「ショウマ・ウノはロシア杯を4位でフィニッシュ。GPファイナル出場を逃した。しかし、それでも笑顔に」と紹介。さらに、公式サイトでは「ウノは、グランプリにトリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエールと共に出場。自信を深めたように見えたが、4回転トウループの転倒などで、演技は物足りなかった」と伝えた。

 それでも「ランビエールは164.95点の合計252.24点では表彰台に届かないと分かっていたであろうウノに『よくやった、よくやった』と声をかけた」と労われたことを伝えている。苦難のシーズン、ようやく掴んだ復調の兆し。ランビエール氏と共に手にしたものを、今後につなげていきたい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集