[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳トルソワ、2度転倒でも圧巻V 海外称賛「本当に目を見張るアスリートだ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日(日本時間17日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が160.26点、合計234.47点で同シリーズ2連勝。GPファイナル進出を決めた。後半には4回転トウループ―オイラー―3回転サルコウと圧巻の3連続ジャンプを着氷。実際のシーンを国際スケート連盟(ISU)も動画付きで公開し、海外メディアは「目を見張るアスリートで、本物だ」と称えている。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

メドベらを抑えてGPシリーズ連勝「彼女の奮闘は本当に大したもの」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日(日本時間17日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が160.26点、合計234.47点で同シリーズ2連勝。GPファイナル進出を決めた。後半には4回転トウループ―オイラー―3回転サルコウと圧巻の3連続ジャンプを着氷。実際のシーンを国際スケート連盟(ISU)も動画付きで公開し、海外メディアは「目を見張るアスリートで、本物だ」と称えている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 2度転倒しても強かった。青い衣装に身を包んだトルソワは冒頭の4回転サルコウで転倒。後半にも3回転ルッツ―3回転ループの2本目でも転倒した。しかし、武器の4回転ルッツをはじめ、4回転トウループ―3回転トウループ、4回転トウループ―オイラー―3回転サルコウなど高難度のジャンプも連発。ミスを補って余りある演技構成を見せつけた。

 終わってみれば、2位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に9点差をつける快勝。連勝でGPファイナル行きを決めた。ISU公式ツイッターは圧巻の4回転トウループ―オイラー―3回転サルコウを動画付きで公開。また、フロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」ツイッターも高く評価した。

「『サーシャ、頑張れ!』の大きな声が響き、特に冒頭の4回転サルコウで転倒した後のサーシャは戦闘モードに。アレクサンドラ・トルソワは本当に目を見張るアスリートだ」とミスに動じない精神力を称賛。「しかし、その後は大技のジャンプを決めたが、全体的なつながりを欠いていた」としながらも「それでも、彼女の奮闘は本当に大したもの――そして、大技のジャンプを決めて歴史を作った」と賛辞を記した。進化を止めない15歳。GPファイナルに早くも期待が膨らむ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集