[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生に迫る!? 露21歳サマリン、“20.79点の衝撃”に海外識者驚愕「SPの最高得点?」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア大会は15日、男子ショートプログラム(SP)でアレクサンドル・サマリン(ロシア)が92.81点で首位に立った。特筆すべきは演技冒頭の4回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプで、出来栄え点(GOE)を含めて20.79点を得たが、これに海外の識者は注目。実際のジャンプを動画付きで公開し、羽生結弦(ANA)が記録したジャンプ史上最高得点の20.90点に迫ると脚光を浴びせている。

アレクサンドル・サマリン【写真:Getty images】
アレクサンドル・サマリン【写真:Getty images】

ロシア大会で首位発進のサマリン、冒頭の連続ジャンプがGOE5.09点獲得

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア大会は15日、男子ショートプログラム(SP)でアレクサンドル・サマリン(ロシア)が92.81点で首位に立った。特筆すべきは演技冒頭の4回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプで、出来栄え点(GOE)を含めて20.79点を得たが、これに海外の識者は注目。実際のジャンプを動画付きで公開し、羽生結弦(ANA)が記録したジャンプ史上最高得点の20.90点に迫ると脚光を浴びせている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 地元期待の21歳サマリンが圧倒的なジャンプで観衆を魅了した。演技の冒頭で高く舞い上がる、4回転ルッツを着氷させると、3回転トウループへとつなげた。超高難易度の連続ジャンプは、GOE5.09点を獲得。これは史上最高のボーナスポイントで、総得点も20.79点をたたき出した。

 後半の4回転フリップは転倒したが、堂々のトップ発進を決めた。このジャンプに驚いたのは、欧州の衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベーシ氏だった。

 自身のツイッターで「アレクサンドル・サマリンは4回転ルッツ+トリプルトウループのコンビネーションで20.79点を獲得した。このエレメンツに関して、今までのショートプログラムでの中で最高得点では?」と驚きを記し、さらに「ちなみにユヅル・ハニュウはフリープログラムでは4回転トウループ+オイラー+3回転フリップのコンビネーションで20.90点を獲得している」と続けている。

 羽生はGPシリーズ第2戦のスケートカナダで史上初となる大技4回転トーループ―1回転(オイラー)―3回転フリップを決めて、GOE4.07点を含む圧巻の20.90点を積み上げていた。ジャンプ史上最高得点だったが、サマリンはわずか0.11点差に迫ったことになる。

 女子に押されがちなロシアの男子勢。地元で行われる今大会はSPで上位3人を独占した。このままフリーでも同様の結果を残せるのか。注目は尽きない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集