[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワ、2年ぶりSP首位 復活劇に米注目「支配的なスケーターが帰ってきた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯は15日の女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が自己ベストの76.93点で15歳アレクサンドラ・トルソワ(同)を抑えて首位発進を決めた。元世界女王の美しい連続3回転ジャンプを、ISU(国際スケート連盟)が動画付きで公開。米放送局も復活劇を伝えている。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty images】

GPシリーズでは2017年NHK杯以来のSP首位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯は15日の女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が自己ベストの76.93点で15歳アレクサンドル・トルソワ(同)を抑えて首位発進を決めた。元世界女王の美しい連続3回転ジャンプを、ISU(国際スケート連盟)が動画付きで公開。米放送局も復活劇を伝えている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 母国ロシアで行われているGPシリーズ第5戦でかつての世界選手権連覇女王が健在をアピールした。

 米テレビ局「NBCスポーツ」では演技後のワンシーンに注目。「エフゲニア・メドベージェワがロステレコム杯のSP後にコーチのブライアン・オーサーを見つけると、彼女はため息とともに一言。“ついに”、と」と報じている。

 大人な雰囲気を醸す、黒の衣装に身を包んだメドベージェワは3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションを美しく決めると、その後も完璧な演技を披露。GPシリーズでは2年ぶりのSP首位発進で力強い復活を印象付けた。

「前回の五輪の間の4年間で世界で最も支配的だったスケーターがかつてのホーム、モスクワに帰ってきた。平昌五輪以来、SPで自己最高となる76.93で首位に立った」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集