[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、トップランク入りで対戦相手減少? 米記者が指摘する放映権と階級の影響

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。老獪なドネアと繰り広げた12ラウンドの死闘の末、3-0で判定勝利を飾った井上は試合後、米興行大手「トップランク」と複数年契約を結んだと電撃発表した。

井上尚弥【写真:荒川祐二】
井上尚弥【写真:荒川祐二】

米国でボクシング中継する4つの放送局とプロモーターの関係

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。老獪なドネアと繰り広げた12ラウンドの死闘の末、3-0で判定勝利を飾った井上は試合後、米興行大手「トップランク」と複数年契約を結んだと電撃発表した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「トップランク」と言えば、世界最速3階級制覇のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)ら世界トップ選手を擁するプロモーター。そこに仲間入りした井上は2020年に米国で2試合が組まれる予定だが、この動きに慎重な意見を投げる米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者が「THE ANSWER」にその理由を明かしてくれた。

 ドネアの左フックを受け、キャリア初の流血というアクシデントに見舞われながら、11ラウンドには左のボディーブローでダウンを奪い、見事に優勝した。WBSSバンタム級の頂点に立った井上は、試合後にトップランク入りを電撃発表。米国屈指の大手プロモーターとの契約で、井上は活躍の場を広げたかに見えるが、ヘルナンデス記者は「対戦相手が限られる可能性がある」との見方を示す。

「トップランクは、アメリカで40年以上もトップであり続けたプロモーター。でも今、アメリカでは大手プロモーターがそれぞれ4つのテレビ局(FOX、SHOWTIME、ESPN、DAZN)と契約を結んでいて、テレビ局の枠を超えたビッグマッチが組まれることは、ほとんどない。ESPNと契約するトップランクの選手が、例えばFOXで放送されるメインで戦うことは滅多にない。そうなると、ただでさえ強すぎて戦う相手がいないと言われている井上は、さらに対戦相手が限られてしまうんだ」

 同じ階級で戦う相手がいなくなった時、トップランクが取る1つの傾向がある、とヘルナンデス記者は言う。それが階級を上げることだ。

「クロフォードは最初、ライト級やスーパーライト級だったけど、今ではウェルター級で戦っている。ロマチェンコはフェザー級から始まって、スーパーフェザー級、ライト級まで上げた。2人とも階級を上げて勝っているけど、クロフォードはウェルター級では小柄。ロマチェンコは8月の(ルーク・)キャンベル戦で判定勝ちだったけど、決していい試合だったとは思わない。キャンベルは長くライト級がベストの階級でやってきた選手。階級を上げたロマチェンコと元々10ポンド(約4.5キロ)差があったことは多少なりとも影響はあると思うよ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集