[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ナダルに通用してもフェデラーは通じない? 敗者が語る「王者と帝王」の差とは

ナダルに通用してもフェデラーは通じない? 敗者が語る「王者と帝王」の差とは

テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)がともに勝ち上がり、8強進出した。注目される準決勝の黄金カード実現にあと1勝と迫ったが、敗れた選手が両雄について言及。「フェデラーの方がよりタフな相手だ」と持論を展開している。米紙「ニューヨークポスト」が報じた。

全米OP準決で黄金対決の可能性…敗者が「フェデラーの方がタフだ」と語る理由

 テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)がともに勝ち上がり、8強進出した。注目される準決勝の黄金カード実現にあと1勝と迫ったが、敗れた選手が両雄について言及。「フェデラーの方がよりタフな相手だ」と持論を展開している。米紙「ニューヨークポスト」が報じた。

 フェデラーはコールシュライバー(ドイツ)に6-4、6-2、7-5でストレート勝ち。対するナダルもアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-2、6-4、6-1もストレートで下した。

 記事によると、ナダルに敗れたドルゴポロフは実現が迫るフェデラー対ナダルについて尋ねられ、両雄について言及。すると「僕にとっては、彼(フェデラー)の方がよりタフな相手だね」と断言した。その理由についてはフェデラー独特の戦いぶりがあるという。

「試合には本来、自分の流れとなる時間があるもの。しかし、フェデラーは対戦相手の時間を奪い去るんだ。ラファは、自分の時間を与えてくれる。その上での力勝負となる。自分の良さを出し合う試合になるんだ」

「王者」と評されるフェデラーと「帝王」と評されるナダルの両者をこのように比較。しかし、20度目のグランドスラム制覇を目指すフェデラーの方が上をいくようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー