[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネアと「世代交代」なるか 注目は第1R、ゴング後にわかる両者の選択肢

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で戦う。勝つのは飛ぶ鳥を落とす勢いのモンスターか、数々の衝撃KOを生んだ百戦錬磨のフィリピンの閃光か。最強の称号を懸けたビッグマッチは、第1ラウンドの両者の出方から注目が集まる。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

時代は変わるのか、井上尚弥は百戦錬磨ドネアの「キャリア」を警戒

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で戦う。勝つのは飛ぶ鳥を落とす勢いのモンスターか、数々の衝撃KOを生んだ百戦錬磨のフィリピンの閃光か。最強の称号を懸けたビッグマッチは、第1ラウンドの両者の出方から注目が集まる。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

「第1ラウンドは想像がつかない。バババっと行くのか、お互い距離を取って考えて、考えてなのか。二つに一つだと思う。第1ラウンドは凄くピリピリとした緊張感になる。ここ数年にないものになるでしょう」

 こう語ったのは、井上陣営の大橋秀行会長だった。選手として、会長として、長くボクシングに関わってきたが、先の読めない好カード。両者とも技術に優れ、どんな展開にも対応できるため、試合運びにおいてリング上の“選択肢”が余りあるほど多い。だからこそ、ゴングが鳴った瞬間からどんな展開になるのか「想像がつかない」のだろう。

 井上はいつも通り、いや、いつも以上に落ち着きを払い、自信に満ち溢れている。決戦まで残り10日となった所属ジムでの公開練習。ドネアの警戒ポイントに「キャリア」を挙げた。「警戒するのは倍以上あるキャリアだけ。そこだけを警戒している。それだけの選手と戦ってきているところのみ。そこは侮れないです」

 18勝16KOで世界3階級を制した26歳の井上に対し、フライ級からフェザー級まで世界5階級を制した36歳のドネアは、通算戦績40勝26KO5敗、バンタム級では5勝4KOを誇る。重量級に比べ、派手なKOの少ない軽量級。それでも、強烈な左フックを武器に本場・米国で人気を博するまでのし上がった。

 ただ、井上の言葉を裏返しすれば、キャリア以外は取るに足らないということ。以前、ドネアの左フックについても「当てられるイメージはない」と言い切っていた。パワー、スピード、技術など、どれをとっても超一流のモンスター。劣っている部分があるとすれば、10歳差の「キャリア」しかないのだろう。

 大橋会長は「スピードの差は大きい。これはもう縮められない差です」と、井上の数ある武器のうちの一つに絶大な優位性を感じている。しかし、キャリアに裏打ちされたドネアの一撃必殺を警戒し、緊迫した“斬り合い”になると想像した。

「ベテランになるとスピードが落ちるのは当然。ただ、経験から来るカウンターのタイミング、相手に合わせる瞬間的なパンチが凄い。カウンター(の精度)は年齢とともに変わってくるから。(判定決着は)ないと思う。お互いに左フックが強いし、パンチに力が乗る時の(相手との)距離が同じ。絶好調同士で凄い試合になる」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集