[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、初の無得点 8リバウンド記録も攻撃でボール回らず 敵地で100失点超の完敗

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が6日(日本時間7日)の敵地ペイサーズ戦に7試合連続でスタメン出場。シュートチャンスが少なく、初の無得点に終わり、2連勝を狙ったチームも106-121で完敗を喫した。

八村塁【写真:AP】
八村塁【写真:AP】

7試合連続スタメン出場もペイサーズに完敗

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が6日(日本時間7日)の敵地ペイサーズ戦に7試合連続でスタメン出場。シュートチャンスが少なく、初の無得点に終わり、2連勝を狙ったチームも106-121で完敗を喫した。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ファンの太鼓が鳴り響くバンカーズ・ライフ・フィールドハウスで行われたこの試合で、前日にロードでオーバータイムの試合を行ったばかりのペイサーズに挑んだウィザーズ。八村は第1クォーター(Q)に、ブラッドリー・ビールのパスに反応し2試合連続アリウープを狙ったが、惜しくもパスが合わず得点を逃す。

 第2Q残り7分から再びコートに立った八村だが、攻撃時になかなかボールが回ってこず、シュートチャンスを得られない。前半0得点で終えた八村だが、8リバウンドを記録。チームは課題としているディフェンスでミスコミュニケーションが目立つなど、リードを広げられ62-70で前半を折り返した。

 後半もスタートからプレーした八村は、この日マッチアップしたジャカール・サンプソン相手に、チームのディフェンスが機能しない影響もあり、苦戦を強いられる。第3Q残り6分半過ぎにはポンプフェイクからレイアップを決められた。第4Qも流れを変えることができずに敗戦。八村はオフェンス面で存在感を発揮することができなかった。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集