[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネアのカウンター警戒 井上尚弥陣営、大橋会長はKO決着断言「判定はあり得ない」

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。軽量級の“新旧スター対決”はいよいよゴングを迎えるだけとなった。井上有利が予想されているが、大橋会長は改めてドネアを警戒。「判定はあり得ない」とKO決着を断言した。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア(右)【写真:荒川祐史】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア(右)【写真:荒川祐史】

両者計量を一発クリア、井上有利の見方も大橋会長はドネアを最大警戒

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。軽量級の“新旧スター対決”はいよいよゴングを迎えるだけとなった。井上有利が予想されているが、大橋会長は改めてドネアを警戒。「判定はあり得ない」とKO決着を断言した。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 両者ともに臨戦態勢は整った。先にドネアが計量台に上がると、200グラムアンダーでリミットをクリア。続いて井上はリミットちょうどで共に一発クリアだ。ボクサーにとって“最初の勝負”ともいうべき計量。まずは両者ともに、リングでベルトをかける資格を得た。

 下馬評は圧倒的に井上が有利と見られている。英大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」では井上の勝利が「1.14倍」に対して、ドネア勝利が「5.5倍」。だが陣営は楽観視していない。

 井上自身も「ボクシングはいつどこで何があるかわからないスポーツ。オッズは頭から外して試合に臨む」と語っていたが、大橋会長もドネアを最大限警戒している。記者から警戒すべき点を問われると、こう答えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集