[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、計量後はラーメンで5キロ増計画 井上尚弥には「特に何も感じなかった」

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。壇上では恒例のフェイスオフが行われたが、ドネアは「何も感じなかった」と冷静だった。

計量をパスしたノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
計量をパスしたノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

恒例フェイスオフで井上尚弥と対峙「普通に向かい合って目を合わせただけ」

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。壇上では恒例のフェイスオフが行われたが、ドネアは「何も感じなかった」と冷静だった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 軽量級の“新旧スター対決”の準備が整った。会場には約200人の報道陣、関係者らでごった返す注目ぶりだ。先に計量台に乗ったドネアは、クリアを確信していたのか、計測途中に両腕を掲げてポーズを取る。結果がコールされると、陣営が奇声交じりの叫び声を上げて盛り立てた。

 恒例のフェイスオフで両者は目を合わせた。ピクっと頬を動かす井上に対し、冷静に見つめるドネア。約20秒、見合った後、両者は笑みを浮かべながら握手を交わし、健闘を誓い合った。36歳のレジェンドは、10歳下のモンスターに敬意を示しつつ「特に何も感じなかった。普通に向かい合って目を合わせただけ。このまま明日を迎えたい」と冷静だった。

 フライ級からフェザー級まで5階級を制したが、昨年4月までフェザー級だった。WBSS参戦で7年ぶりに2階級下のバンタム級に落とし、初戦、準決勝とも問題なく計量クリア。今回の減量について「普段は130ポンド(58.97キロ)。そこから徐々に落としてきた」と余裕でパスした。

 計量後はルーティン通り、水分、サラダ、フルーツでリカバリー。試合までに「10~12ポンド(4.54~5.44キロ)戻す。あとでラーメンを食べに行くよ。夜はステーキだ」と明かした。漫画やアニメ好きの親日家だが「おすすめのラーメン屋? お前が勧めたとこだよ!」と、質問した通訳を指さして笑顔。終始、リラックスムードとなり、アウェーでの減量にも「特に難しくはない。自分の管理によるし、特に環境の変化は関係ない」と経験値の高さを見せた。

 バンタム級最強を決める大一番。「トロフィーをリングで掲げることを凄く楽しみにしている」。勝利だけを見据え、通算46試合目のリングに上がる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集