[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“写真大炎上”南ア主審の準決除外は遺憾 母国審判団体が声明「ポーズは単なる冗談」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で20日に行われた準々決勝でウェールズがフランスを20-19で下し、4強入り。この試合でフランスのバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。宣告した主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”した写真を海外記者が公開。波紋を呼ぶことになったが、主審の母国、南アフリカの審判統括団体は準決勝の対象から外れたことについて「ポーズは単なる冗談に思える」と声明を出し、擁護している。

フランスのバハマヒナ(右)にレッドカードを出すジャコ・ヘイパー主審【写真:Getty Images】
フランスのバハマヒナ(右)にレッドカードを出すジャコ・ヘイパー主審【写真:Getty Images】

ファンと肘打ちポーズを取った主審を擁護「世界に向けてやった可能性は非情に低い」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で20日に行われた準々決勝でウェールズがフランスを20-19で下し、4強入り。この試合でフランスのバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。宣告した主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”した写真を海外記者が公開。波紋を呼ぶことになったが、主審の母国、南アフリカの審判統括団体は準決勝の対象から外れたことについて「ポーズは単なる冗談に思える」と声明を出し、擁護している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 1枚の写真は主審の母国でも反響が起きている。仏放送局「Le Figaro」のアルノー・コーディ記者が自身のツイッターで公開したのは、赤のウェールズジャージをまとった一団。その中心で一人、黒のポロシャツを着た男性が右肘を上げ、隣のウェールズファンの顎に当てるようなポーズ。表情は笑顔だったが、この人こそ試合を裁いた南アフリカ人のジャコ・ペイパー主審だった。

 後半9分にフランスのバハマヒナがウェールズ選手の顔面に食らわせた肘打ちを揶揄したようなポーズ。フランスファンの間で「この男は恥そのものだ」「この写真が彼をラグビーW杯から追い出してくれることを願うばかり」「恥ずべきパフォーマンス」などと波紋を呼び、結果的に26、27日に行われる準決勝2試合の候補から外れることになった。

 この対応に遺憾の意を示したのが、母国の南アフリカ審判統括団体だった。ニュージーランドメディア「スタッフ」が声明を紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集