[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

37歳・福士加代子7位も“福士節”健在 取材中に足がつる「あいたたたた!」

海外勢への助言は「日陰があるから大丈夫だよって言っといて」

 あっけらかんとした、ぶっちゃけトークで“福士節”と一世を風靡した口ぶりは健在。「頑張ろうと思って頑張ったけど、やっぱり頑張ろうと思っちゃダメ。緊張しちゃいましたね。頑張っちゃダメだね。あいたたたた! つる! つる!(笑)。足、つるね~。やっぱり今日の走りダメ」と結果は振るわなかったが、終始笑顔で返答した。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 先頭のゴール時は29.2度。最後に粘り切れなかったが、暑さは問題ないと強調した。「思っていたよりは涼しかったと思いますよ。もっと暑いなと思っていた。日陰とかもあったし、よかったですよ。(7、8月に比べたら楽?)私の走り自身が楽じゃなかったですね」と笑顔。「やっぱりきついですけど、コース的には日陰もあったのと、あと向かい風が多かった。急になんだろう、あれ。ビル風っていうのかな。あと、(37キロ以降の)微妙なあの坂がね、めっちゃきつい(笑)。そんな感じですね」と語った。

 海外メディアから海外勢への助言を求められ、「あのね、日陰があるから大丈夫だよって言っといて。炎天下じゃないよって」と笑った。今後は対象大会の12月さいたま国際、来年1月大阪国際女子、同3月名古屋ウィメンズのいずれかで設定タイム2時間22分22秒を切り、その中で最上位選手になれば3枠目に滑り込む。福士が東京五輪出場すれば、日本のマラソン選手として史上最年長38歳4か月、全競技を通じて女子最多タイの5大会連続出場となる。

「完走したのは『東京五輪はここを走るのか。コース試走?』と思って走りましたね。ダメだったんですけど(笑)」

 ベテランの意地を見せる戦いが続く。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集