[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子は大波乱 大逃げ設楽14位、「BIG4」井上27位、神野は17位…MGC内定逃した選手

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、2位の服部勇馬(トヨタ自動車)とともに内定。一方、戦前で有力候補に挙げられていた選手が苦しむなど、波乱の展開となった。

大迫(右)は3位、設楽は14位で内定を勝ち取れず【写真:荒川祐史】
大迫(右)は3位、設楽は14位で内定を勝ち取れず【写真:荒川祐史】

「BIG4」は明暗、日本記録保持者大迫も3位で内定得られず

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、2位の服部勇馬(トヨタ自動車)とともに内定。一方、戦前で有力候補に挙げられていた選手が苦しむなど、波乱の展開となった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 日本記録保持者の大迫傑(NIKE)は上位2位に食らいついたが、終盤で競り負け、3位となった。「MGCファイナルチャレンジ」として残り1枠を懸け、他選手との争いに。優位な状況ではあるが、目標としていた内定は得られなかった。

 また、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は序盤から宣言通りの大逃げを打ち、一時は2位以下に2分以上の差をつけて圧勝も予想されたが、徐々に失速。37キロ付近でとらえられると、そのまま突き放され、結局14位に終わった。

 昨夏のアジア大会王者・井上大仁(MHPS)は中盤から2位集団から離され、見せ場なく27位に。服部、大迫、設楽とともに「BIG4」に挙げられていた4選手は明暗がくっきりと分かれる形となった。

 その他、ケニア合宿を行うなどプロランナーとして果敢に挑戦していた神野大地(セルソース)は17位、日本選手権1万メートル4連覇の佐藤悠基(日清食品)は23位、大学時代に初代「山の神」と謳われた今井正人(トヨタ自動車九州)は25位だった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集