[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

設楽悠太14位、宣言通り大逃げも不発 想定外は暑さ「やるしかないと思っていた」

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、東京五輪代表に内定した。2位の服部勇馬も内定。日本記録保持者の大迫傑は終盤で競り負け、3位となった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

設楽悠太は失速し14位でフィニッシュ【写真:荒川祐史】
設楽悠太は失速し14位でフィニッシュ【写真:荒川祐史】

一時は2分差をつける独走も…「暑さが影響か」に「はい」

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、東京五輪代表に内定した。2位の服部勇馬も内定。日本記録保持者の大迫傑は終盤で競り負け、3位となった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 レースを盛り上げたのは、前日本記録保持者の設楽悠太だった。スタート直後から飛び出し、戦前の宣言通りに大逃げを打った。最大2分以上の差をつけたが、徐々に失速。上りに突入した36キロ付近で2位集団に飲み込まれると、集団に付くこともできずに離された。結局、2時間16分9秒で14位に終わった。

 度胸満点のレースについて「やるしかないと思っていた」と振り返った設楽。25キロ付近から、きつさを感じたという。原因について「暑さが影響か」と問われると「はい」と認めた。一発勝負の難しさについては「特に。いつも通りやれればいい」と語ったが、想定外だったのは暑さと聞かれ、こちらも「はい」と語った。今後については「一日休んで相談したい」と話した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集