[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中村匠吾、感謝の東京五輪切符 設楽大逃げも余裕あり「予定通りのレースだった」

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、東京五輪代表に内定した。2位の服部勇馬も内定。日本記録保持者の大迫傑は終盤で競り負け、3位となった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

大接戦を制した中村匠吾【写真:荒川祐史】
大接戦を制した中村匠吾【写真:荒川祐史】

レース後に喜び語る「優勝することができてうれしい」

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、東京五輪代表に内定した。2位の服部勇馬も内定。日本記録保持者の大迫傑は終盤で競り負け、3位となった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 一発勝負のMGCで東京五輪を内定させた中村は「一発ということでプレッシャーあったけど、自分自身の力を発揮することだけ考え、しっかりトップでゴールすることを目標に入って優勝することができてうれしい」と安堵の表情を見せた。

 東京五輪へ向け「決して、ここまで順調ではなくて苦しんだ部分あったけど、スタッフ、トレーナーさんいろんな方に支えていただいて優勝することできた。東京五輪も頑張るので応援をお願いします」と感謝した。

 レースは設楽悠太がスタートから飛び出し、独走する展開。36キロ過ぎに2位集団が捉えた。「焦りもあったけど、しっかり自分たちのペースでいければ後半勝負と思っていた。予定通りのレースだった」と振り返った。

 最後は40キロ付近でスパートし、服部、大迫を振り切った。「事前から40キロ付近から勝負と考えていた。少し早めのスパートだったけど、そこまで余裕をもって走れていたので、しっかり抜け出せていいレースができた」と語った。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集