[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

37歳・福士加代子7位も“福士節”健在 取材中に足がつる「あいたたたた!」

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、10人が出場した女子は前田穂南(天満屋)が2時間25分15秒で1位となり、2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)ともに東京五輪に内定。5大会連続出場を目指した福士加代子(ワコール)は2時間33分29秒で7位となった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

7位で内定を逃した福士加代子【写真:荒川祐史】
7位で内定を逃した福士加代子【写真:荒川祐史】

暑さもなんの、女子最年長が力走「頑張ったけど、勝負はしてない」

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、10人が出場した女子は前田穂南(天満屋)が2時間25分15秒で1位となり、2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)ともに東京五輪に内定。5大会連続出場を目指した福士加代子(ワコール)は2時間33分29秒で7位となった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 暑さの残る東京を37歳・福士が走り抜けた。五輪に4度、世界選手権に5度出場した女子長距離界のレジェンドは7位。取材エリアの第一声は「ダメ」。それでも笑顔を交え「残念でしたねぇ、頑張ったけど。頑張ってないかな(笑)。完走したのは頑張ったけどね。勝負はしてないんでね」と及第点を与えつつ、満足はしなかった。さらに出場最年長のベテランは言う。

「ダメだね、全体的に。最初の5キロくらいはいけたから、よかったなと思いましたけど、その後一回ダメになってから立て直すことができなかった。だから、ダメなままダメで終わった感じ。最後は若干、次のレースを考えながら『やめた方がいいのか』とか、そういうのを考えちゃったり。とりあえず今できる走り、あまり酷くならない走りを目指して、完走だけを目指していました」

 3000メートル、5000メートル、ハーフマラソンの日本記録を持ち、13年モスクワ世界選手権のマラソンで銅メダルに輝いた。14位となった16年リオ五輪以来のマラソンだった今年1月の大阪国際女子は途中棄権。しかし、3月の名古屋ウィメンズでMGC切符を奪い、カムバックした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集