[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、W杯へ99点快勝発進! 八村塁が両軍最多35得点、凱旋試合で別格の存在感

バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は12日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(千葉ポートアリーナ)と行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。八村は出場27分9秒で3ポイント2本を含め、両軍最多の35得点に加え、3アシスト、5リバウンドを挙げる活躍を見せ、チームは99-89で勝利を飾った。

SFで先発出場し、活躍を見せた八村塁【写真:荒川祐史】
SFで先発出場し、活躍を見せた八村塁【写真:荒川祐史】

NBAドラフト1巡目指名以降初の国内凱旋、ちびっ子ファンから「ルイ君!」コール

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は12日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(千葉ポートアリーナ)と行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。八村は出場27分9秒で3ポイント2本を含め、両軍最多の35得点に加え、3アシスト、5リバウンドを挙げる活躍を見せ、チームは99-89で勝利を飾った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 6月のNBAドラフト会議で日本人初の1巡目指名を受けた八村は、昨年9月に東京・大田区総合体育館で行われたW杯2次予選・イラン戦以来329日ぶりの国内試合。満員となったファン5610人の視線を集め、米国で培った実力を見せつけた。

 SFで先発すると、第1クオーター(Q)の開始42秒だった。ゴール下でパスを受けると、振り向きざまにシュートを放ってチーム初得点。前半は出場15分47秒で22得点、1アシスト、3リバウンドを挙げる活躍を見せ、チームは49-43で折り返した。

 後半は第3Q開始1分4秒で得点。ちびっ子ファンから「ルイ君!」のコールが降り注いだ。しかし、第3Q残り6分50秒でこの日3つ目のファウル。会場からは「え~!」とため息が漏れ、ここで八村はベンチへと下がった。

 第3Q終了時点で79-68。八村は第4Q開始から復帰すると、残り9分22秒、同8分43秒に連続得点。同7分52秒には3ポイントシュートを決めて追いすがる相手を突き放した。合計で両チームトップの35得点をマーク。11か月ぶりに日の丸を背負った戦いで強烈な存在感を示した。

 試合後の場内インタビューで「チームに貢献できたことは良かった。僕らもどんどん試合をするごとに良くなっていくので、すごく楽しみ」と笑みを見せた八村。NBAからドラフト1巡目指名を受けて挑んだ試合。プレッシャーについて「これからそうやってNBA選手として見られて相手もガツガツ来ると思うので、それに負けないくらい頑張りたい」と意地を見せた。

 最後は「これから親善試合も何試合も入ってくる。お客さんの歓声が必要になる。どんどん詰めかけてもらって、僕らは日本一丸となってやっていきたい」とさらなる活躍をファンに約束した。

 グリズリーズとツーウェー契約を結ぶ日本人2人目のNBAプレーヤー・渡邊雄太は、2日の練習中に右足首を負傷した影響でベンチから外れた。チームは今後の強化試合として、14日にニュージーランド戦(カルッツかわさき)、22日にアルゼンチン戦、24日にドイツ戦、25日にチュニジア戦(いずれもさいたまスーパーアリーナ)を予定。31日開幕(中国)のW杯1次リーグでは9月1日にトルコ、3日にチェコ、5日に米国と対戦する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集