[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、バントで2者生還? “リトルリーグ級珍事”に米辛辣「なんて酷いプレーだ」

米大リーグで投手が試みたバントで塁上の2者が生還するという珍事が発生。一体、その原因とは――。MLBが実際のシーンを動画付きで公開し、「なんて酷いプレーだ」「見るのが辛い」「リトルリーグの試合?」と辛辣な声が上がっている。

バントを決めたマーリンズのケイレブ・スミス 【写真:Getty Images】
バントを決めたマーリンズのケイレブ・スミス 【写真:Getty Images】

Dバックスが演じたドタバタ劇に反響「リトルリーグの試合?」

 米大リーグで投手が試みたバントで塁上の2者が生還するという珍事が発生。一体、その原因とは――。MLBが実際のシーンを動画付きで公開し、「なんて酷いプレーだ」「見るのが辛い」「リトルリーグの試合?」と辛辣な声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ファンも唖然とする珍プレーが生まれたのは、29日(日本時間30日)のマーリンズ―ダイヤモンドバックスの一戦だった。2点を先制されて迎えたDバックスの2回1死一、三塁の守備。ここで打席の投手スミスはきっちり一塁走者を二塁に進めるべく、バントの構え。投手と三塁手の間に転がし、これを処理した投手のケリーは一度、三塁走者の動きを制し、一塁へ投じた。

 しかし、次の瞬間だ。カバーに入った二塁手フローレスへの送球が逸れ、悪送球に。三塁走者は悠々と生還。二塁に向かっていた一塁走者は三塁まで到達したが、悲劇は終わらない。ファウルグラウンドでフローレスが拾い上げると、遊撃手が空いていた三塁をカバーしようと走っていたため、二塁ががら空きに。これを見て、打者走者のスミスが二塁を狙った。

 フローレスが慌てて送球すると、今度は送球が走者の体に当たり、外野に大きく逸れてしまう。結局、一塁走者は本塁へ、バントしたスミスも三塁まで進塁。一、三塁からバント1つで2点が入り、なおも三塁で再開という失態を招いてしまった。信じられないようなドタバタ劇に球場も騒然とした空気に包まれた。

 MLB公式インスタグラムは「これがバントの方法」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。すると、米ファンからは「カオス」「練習通り」「なんて酷いプレーだ」「バント対策は不可欠」「エラーが多すぎる」「見るのが辛い」「このプレー大好き」などと皮肉を交え、コメント欄で辛辣な声が続々と上がった。

 さらに「リトルリーグでの日々を思い出す」「リトルリーグのチームがプレーしているみたい」「リトルリーグの試合?」とリトルリーグになぞらえる声も。結局、このプレーで傷口を広げて一挙6点を失ったダイヤモンドバックス。試合も6-11で敗れ、後味の悪いプレーとなった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集