[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本のファンも熱狂 ドルトムントが誇る「トルコのメッシ」が見せた“超絶ドリブル”

日本のファンも熱狂 ドルトムントが誇る「トルコのメッシ」が見せた“超絶ドリブル”

「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」が15日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが浦和レッズに3-2で勝利。3発の逆転劇で眩い輝きを放ったのは、全ゴールに絡んだドルトムントのトルコ代表FWエムレ・モルだった。Jリーグ公式Youtubeチャンネルも動画付きで紹介している。

途中出場の19歳・モルが浦和守備陣を切り裂き、逆転勝利に貢献

「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」が15日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが浦和レッズに3-2で勝利。3発の逆転劇でまばゆい輝きを放ったのは、全ゴールに絡んだドルトムントのトルコ代表FWエムレ・モルだった。Jリーグ公式Youtubeチャンネルも動画付きで紹介している。

 19歳の新鋭が高速ドリブルで浦和守備陣を切り裂き、スタジアムを興奮の渦へといざなった。

 1点ビハインドで迎えた後半31分。後半から出場したモルはゴール前でボールを受けると、浦和DF槙野智章をドリブルで置き去りにしてペナルティーエリア内にカットイン。GK西川周作との1対1では左足アウトサイドで「ここしかない」というコースに流し込んだ。

 次なるゴールが生まれたのは、3分後だ。センターサークル付近でボールを持ったモルが巧みな切り返しで槙野をかわし、ドリブルで約30メートルを突破。左サイドに展開すると、DFマルセル・シュメルツァーの折り返しを左足で決めて勝ち越し弾。わずか4分間で2ゴールを叩き込み、ドルトムントが2-1と逆転に成功した。

 そして、フィナーレは試合終了間際の後半43分だった。浦和に追いつかれた直後、モルが左足で柔らかい浮き球を送ると、浦和DF遠藤航が頭でクリアしたボールがディフェンスラインの裏にこぼれ、FWアンドレ・シュールレが一瞬の隙を見逃さずに冷静に決勝弾を突き刺した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー