[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織が演じた驚異の粘り 「23/29の勝率」に海外メディア称賛「最終セット最高選手」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦で第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が同38位のブノワ・ペール(フランス)を6-2、6-7、6-2、6-7、7-5で下し、2年ぶり3度目の8強進出を決めた。日没順延により2日間、3時間55分に及んだ死闘を制した錦織をATP公式サイト、海外メディアも称賛している。

全仏オープン準々決勝進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】
全仏オープン準々決勝進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】

驚異の最終セット23勝6敗に称賛「信じるか信じないかは別として…」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦で第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)が同38位のブノワ・ペール(フランス)を6-2、6-7、6-2、6-7、7-5で下し、2年ぶり3度目の8強進出を決めた。日没順延により2日間、3時間55分に及んだ死闘を制した錦織をATP公式サイト、海外メディアも称賛している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ベスト8をかけ、実に2日間に及んだ死闘。第4セットには錦織の強烈なショットがペールのラケットにすっぽりとハマるという珍事もあったが、結末は劇的だった。最終セット、錦織がブレークを許しながら土壇場で底力を発揮。最後はペールを退けた。2戦連続のフルセットの激闘を制したが、名勝負を戦い抜いた錦織に称賛の声が上がっている。

 ATP公式サイトは「ニシコリが再び生き残る:次はナダル」と見出しを打ち、「信じるか信じないかは別として、オープン化以降、ディサイディングセット(試合を決するセット)最高の選手であるケイ・ニシコリは、試合を決するセットに敗れたこともあるが、このローランギャロスでの2週間はそれを拒否し続けている」と最終セットの歴代最高勝率を誇る錦織の粘りを称えた。

 また、米ヤフースポーツも「ニシコリが2日間の5セット試合を制する」と報じ、「ディサイディングセットになった時、ケイ・ニシコリに期待しよう」と言及。試合はアンフォーストエラーが目立ったものの、要所で好ショットが出たことについて触れながら、5セット制における最終セットの勝敗は29戦を戦い、23勝6敗に伸ばしたことも伝えている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集