[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、WBSS主催者が決勝展望 早期KO期待も「ドネアは強い。最高のショーになる」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との夢の対決を迎えるが、大会プロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は世界王者2人を合計5分29秒で倒した無双ぶりに注目。「この男は10分間で優勝してしまうのだろうか」とレジェンド相手にも高速KOを期待している。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

井上尚弥(左)はWBSS決勝でノニト・ドネア(右)と対戦する予定だ【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)はWBSS決勝でノニト・ドネア(右)と対戦する予定だ【写真:Getty Images】

大会プロモーターのザワーランド氏はドネアとの決勝に注目

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との夢の対決を迎えるが、大会プロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は世界王者2人を合計5分29秒で倒した無双ぶりに注目。「この男は10分間で優勝してしまうのだろうか」とレジェンド相手にも高速KOを期待している。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 昨年10月の大会初戦で元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を1ラウンド70秒でノックアウトしていた井上。事実上の決勝戦と目されていた準決勝ロドリゲス戦は拮抗の1回から急転、2ラウンド目は衝撃のワンサイドに。3度マットに沈め、4分19秒で決着させた。

 井上の凄さを再実感したのはWBSSプロモーターを務めるザワーランド兄弟のカレ氏だった。

「イノウエはモンスターとなぜ呼ばれるのか、再び証明した。彼のパワーは別次元だ。彼の今大会の試合時間は計5分29秒。一度もKO負けしたことのないパヤノとロドリゲスを相手に、だ。つまり、この男は10分で今大会を優勝してしまうのだろうか」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集