[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

凄いのはどっち!? ホップする159キロ&急降下カーブに米仰天「エグい」「打てない」

米大リーグ、レイズ―ドジャース戦が22日(23日)行われたが、それぞれの先発投手の驚愕の1球が「エグい」と話題を呼んでいる。レイズのオープナー、ライン・スタニックが98.6マイル(約159キロ)の浮き上がるようなファストボールを披露すれば、ドジャースの左腕リッチ・ヒルは大きな落差のカーブで見逃し三振。MLBが動画つきで速報すると、ファンは度肝を抜かれている様子だ。

ライン・スタニック(左)とリッチ・ヒル(右)【写真:Getty Images】
ライン・スタニック(左)とリッチ・ヒル(右)【写真:Getty Images】

レイズ―ドジャース、両軍先発の驚愕の1球に脚光

 米大リーグ、レイズ―ドジャース戦が22日(23日)行われたが、それぞれの先発投手の驚愕の1球が「エグい」と話題を呼んでいる。レイズのオープナー、ライン・スタニックが98.6マイル(約159キロ)の浮き上がるようなファストボールを披露すれば、ドジャースの左腕リッチ・ヒルは大きな落差のカーブで見逃し三振。MLBが動画つきで速報すると、ファンは度肝を抜かれている様子だ。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 どちらも凄い――。両者が持ち味を発揮した甲乙つけがたい1球だった。まず1回表、オープナーとしてマウンドに上がったのはレイズのスタニック。1死一、二塁で打席には絶好調の4割打者ベリンジャー。カウント2-2からの5球目だ。

 指にかかった1球はややナチュラルに外側に逃げながら、まるでホップするような軌道。98.6マイルにベリンジャーのバットは、ボールの下を通過した。捕手のダーノーが思わずミットからこぼしそうになるほど強烈な1球だった。

 ドジャースの左腕ヒルも負けてはいない。1回裏1死。ファムに対してのカウント2-2からの7球目。外角のボールゾーンから大きく落下しながら曲がり、外角ストライクゾーンぎりぎりに。74.9マイル(約121キロ)のカーブに打者は手が出ない。まるでカーショーのようなブレーキの利いたカーブで見逃し三振に仕留めてみせた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集