[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「新型ゴロフキン」 衝撃KOに各国記者も絶賛「まだまだ敗者が登場する」

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒TKOで勝利を飾り、新たにIBF王座を獲得し2団体王者となった。「The Monster」の異名通りの強さに、海外記者も「新型ゴロフキンだ」「世界最高のファイターだと分からないのか?」と脱帽している。

TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】
TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】

海外記者も絶賛の嵐「イノウエが世界最高と分からないのか?」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒TKOで勝利を飾り、新たにIBF王座を獲得し2団体王者となった。「The Monster」の異名通りの強さに、海外記者も「新型ゴロフキンだ」「世界最高のファイターだと分からないのか?」と脱帽している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 キャリア最強のライバルと呼ばれたロドリゲスを259秒で粉砕した井上。右のボディショットで2度目のダウンを奪った際にプエルトリコの無敗王者が浮かべた鮮血の茫然自失の表情は世界で放送され、井上の破壊力を強く印象付けた。海外記者もツイッター上で、満場一致でモンスターに最敬礼を捧げている。

 米スポーツメディア「ブリーチャーリポート」ボクシング担当で、CNNにも出演するJ.E.スノーデン記者は「イノウエは新型ゴロフキンだ」と称賛。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のマイク・コッピンガー記者も「ザ・モンスター! みんなナオヤ・イノウエが世界最高のファイターだと分からないのか? 彼の対戦相手で数ラウンドも付き合える相手はいないんだ。エマヌエル・ロドリゲス相手に焼きつくような2ラウンドKOでWBSS決勝進出」とつづり、懐疑的な見方をするファンを一蹴した。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集