[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のKO街道は「もう誰も止められないでしょ」 V10王者・長谷川穂積氏も唖然

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、決勝へ進んだ。あまりの強さに元WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積氏も絶句していた。

TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】
TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】

現地で観戦した元同級王者・長谷川氏は「いや~……強い」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、決勝へ進んだ。あまりの強さに元WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積氏も絶句した。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 2回にロドリゲスを3度倒した井上。まさにモンスターと言える圧巻の内容に、テレビの解説で現地で観戦した長谷川氏も「いや~……なんでしょうね、強いですよね。それしか出ないじゃないですか」と素直な驚きを口にした。

 バンタム級で10度王座を防衛。3階級制覇を成し遂げた、ボクシング史上屈指の名王者も脱帽だった。

「いや~、攻略のしようが分からないですよね、尚弥を。次はドネアですけど、早く終わらない方がいいなと思う。ゆっくり見ていたいなと思う。今日の1番はここ数年では1番なんか緊迫した。僕が解説させてもらった中では1番と言っていいくらい。こう、解説しながらドキドキした試合でした」

 多くの強豪と拳を交えてきたからこそ、わかる井上の突出した強さ。ロドリゲスを称えつつも、「これは長引くんじゃないかなと思った時のあれ(KO)なんで、ちょっと強いですね。はい、それしかないですね」と舌を巻いた。

 これで世界戦8連続KO。長谷川氏も早いラウンドでの6連続KOを記録したことがあるが、井上の今後にも大きな期待をかけている。「どこまで行くのか楽しみにしてます。15試合連続くらいいってもおかしくない、この勢いやったら。もう誰も止めることできないでしょ」とKO街道をひた走ることを予告した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集