[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も驚いた!? 相手一塁手の“送球スルー”に米笑撃「笑い過ぎて息できない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が放った打球から笑撃の珍プレーが発生した。ゴロを捕球した投手からの送球を一塁手が“よそ見”して捕球できず。一気に二塁まで進塁を許した。まさかの瞬間をMLBが動画付きで公開。「私の娘でも捕れる」「笑い過ぎて息ができない」「こんなの見たことない」と米ファンに笑撃が広がっている。

C.J.クロン【写真:Getty Images】
C.J.クロン【写真:Getty Images】

大谷の打球から生まれた珍事、一塁手が“よそ見”で投手の送球捕れず…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が放った打球から笑撃の珍プレーが発生した。ゴロを捕球した投手からの送球を一塁手が“よそ見”して捕球できず。一気に二塁まで進塁を許した。まさかの瞬間をMLBが動画付きで公開。「私の娘でも捕れる」「笑い過ぎて息ができない」「こんなの見たことない」と米ファンに笑撃が広がっている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 大谷が放った打球からまさかのプレーが生まれた。15日(日本時間16日)の敵地ツインズ戦、1-2で迎えた3回2死の第2打席だった。大谷がツインズ先発右腕オドリッジから放った打球は平凡な投手へのゴロ。オドリッジは一塁へ駆け寄りながら優しく一塁のクロンへトスした。3アウトチェンジ。誰もがそう思った次の瞬間だった。

 しかし、一塁手のクロンは体ごとに二塁方向へ向き、送球に見向きもせずに“スルー”。体の近くで跳ねてようやく気付いた様子だったが、時すでに遅し。ボールは一塁ファウルゾーンを転々と転がり、これを見た大谷はスピードを上げ、一気に二塁へ到達した。平凡な投ゴロが一変、得点圏に走者が進む珍プレーとなった。

 MLB公式インスタグラムは実際のシーンを動画付きで公開。すると、なかなかお目にかかれない失策に米ファンから大反響を集めている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集