[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

みまひな、“疑惑の判定”に海外でも波紋「これがレット?」「本当に恥ずかしい」

卓球の世界選手権(ブダペスト)は28日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負け、銀メダルとなった。日本人同士のペアとして52年ぶりの金メダル獲得はならなかったが、波紋を呼んだのは第5ゲームの“疑惑の判定”だ。早田のサーブを巡り、判定が揺れた実際のシーンを国際卓球連盟(ITTF)が動画付きで公開。海外ファンも「ITTFよ、これがレット?」「中国人そして日本人選手にとって悲劇だ」などと疑問を呈している。

伊藤美誠(手前)と早田ひな【写真:AP】
伊藤美誠(手前)と早田ひな【写真:AP】

ITTFが実際のシーンを動画公開「この瞬間が決勝を変容させた?」

 卓球の世界選手権(ブダペスト)は28日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負け、銀メダルとなった。日本人同士のペアとして52年ぶりの金メダル獲得はならなかったが、波紋を呼んだのは第5ゲームの“疑惑の判定”だ。早田のサーブを巡り、判定が揺れた実際のシーンを国際卓球連盟(ITTF)が動画付きで公開。海外ファンも「ITTFよ、これがレット?」「中国人そして日本人選手にとって悲劇だ」などと疑問を呈している。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 まさかの場面だった。2-2で第5ゲーム、9-9と競り合った勝負所、早田のサービスを孫穎莎がレシーブミス。伊藤、早田組のポイントになるかと思ったが、審判が「ネット」とジャッジ。ガッツポーズをしていた2人は何が起こったかわからない表情で、ネットに触れていないとアピールしたが、判定は覆らず。会場からブーイングが沸き起こった。

 結局、ここから10-12で落とすと第6ゲームも落とし、逆転負け。結果的に流れを左右するようなシーンだった。ITTF公式ツイッターは「レット? レットじゃない? この瞬間がソン・エイサとワン・マンユの決勝を変容させた?」とつづり、“疑惑の判定”の場面を動画付きで公開。日本人ファンのみならず、海外ファンも判定について疑問を呈している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集