[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「なんて魅力でしょう!」 チェンの世界新Vにタラソワ氏感嘆「我々の進む方向です」

フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(米国)が自己ベストを大きく更新し、ともに世界新記録となる216.02点、323.42点で大会連覇を飾った。直前に羽生結弦(ANA)が魅せた美しい世界記録の演技に動じることなく、すぐに新たなレコードを打ち立てた。そのパーフェクトな滑りを、フィギュア大国ロシアの専門家も次々に称賛している。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

チェンの羽生超えの衝撃演技にロシアの名伯楽も感嘆

 フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(米国)が自己ベストを大きく更新し、ともに世界新記録となる216.02点、323.42点で大会連覇を飾った。直前に羽生結弦(ANA)が魅せた美しい世界記録の演技に動じることなく、すぐに新たなレコードを打ち立てた。そのパーフェクトな滑りを、フィギュア大国ロシアの専門家も次々に称賛している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 黄色く染まったリンクでチェンは、少しも動じることがなかった。五輪王者が魂の舞いを披露し、地元ファンが熱狂に沸く。投げ込まれる無数のくまのプーさんのぬいぐるみ。優勝を争うライバルに最高の演技を見せられたが、この19歳の心は揺れなかった。4本の4回転を含め高難度のジャンプを次々と着氷。羽生が出した世界記録を8分後に塗り替えてみせた。

 日本のファンからも拍手で称えられたチェン。ロシアの国営放送で解説を務めた名伯楽も称賛を送っている。演技後、重鎮タチアナ・タラソワ氏は「ブラボー、ブラボー。ファンタスティックでした。ファンタスティックでした。私も泣いてしまいます。これが男です、これがフィギュアスケートです。これが(我々が進むべき)方向です。彼はコーチと距離が遠く離れた場所で練習をしてきました。これが強い意志です。ラーフィク(アルトゥニアンコーチの愛称)おめでとう」と感無量の様子でまくし立てた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集