[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「彼は限界を知らない」― 羽生結弦、“魂の4分間”直後にタラソワ氏が語った言葉

フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は自己ベストを大きく更新する206.10点、合計300.97点をマーク。銀メダルを獲得した。右足首の故障明け、4か月ぶりの公式戦で迫真の演技で会場を沸かせたが、この時、フィギュア大国ロシアの実況席はどう伝えたのか。

銀メダルを獲得した羽生結弦【写真:AP】
銀メダルを獲得した羽生結弦【写真:AP】

4か月ぶり復帰戦で迫真の熱演、ロシア実況席はどう伝えた?

 フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は自己ベストを大きく更新する206.10点、合計300.97点をマーク。銀メダルを獲得した。右足首の故障明け、4か月ぶりの公式戦で迫真の演技で会場を沸かせたが、この時、フィギュア大国ロシアの実況席はどう伝えたのか。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 観る者の胸を打つ、迫真の演技だった。右足首の故障明け、4か月ぶりの公式戦という逆境がありながら、合計300点を超えるハイスコアを叩き出した羽生。これにはロシア国営放送の実況席も大興奮だった。演技直後、「ブラボー、ブラボー、スパシーバ」と声を上げたのは、重鎮タチアナ・タラソワ氏だった。

「私たちはどうやって人が自分の痛みに打ち勝つかを見た。そのことに、ありがとう。どうやってユヅルがより強く復活したか誰も知らない。彼もまた自分の限界を知らない。なぜなら彼が今したことは彼の限界ではなく、彼の限界はもっと高いところにあるから。彼はその限界を知らない」

 このようにまくし立て、さらに「スパシーバ、ユヅル、スパシーバ」と連呼。「ユヅルとともに困難に打ち勝ち前に進むことを学び、世界中を自分の頭脳で前に導き、限界を破っていく有能なオーサーコーチ。みんな後からついていくでしょう。スパシーバ」と称賛より感謝の思いがこみ上げ、衝撃を受けた様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集