[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トゥルシンバエワの歴史的4Sにタラソワ氏賛辞 テンさん母国に「少女が頭角現した」

フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が冒頭で4回転サルコーに成功。シニア女子では国際スケート連盟(ISU)公認大会史上初となる4回転ジャンプとなり、銀メダルを獲得した。

4回転サルコーに成功したエリザベート・トゥルシンバエワ【写真:AP】
4回転サルコーに成功したエリザベート・トゥルシンバエワ【写真:AP】

歴史的快挙に喝采「4回転サルコーを跳んだ! トゥルシンバエワが!」

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が冒頭で4回転サルコーに成功。シニア女子では国際スケート連盟(ISU)公認大会史上初となる4回転ジャンプとなり、銀メダルを獲得した。歴史的瞬間をISU公式ツイッターは動画で公開し、反響を呼んでいたが、コーチを務めるエテリ・トゥトベリーゼ氏の母国ロシアの重鎮も「カザフスタンに1人の少女が頭角を現した」と賛辞を述べている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 カザフスタンが誇る19歳が、小さな大スケーターになった。冒頭、トゥルシンバエワは148センチの体を高く跳び上がり、鋭く回転。着氷でバランスを崩しかけたが、懸命に堪えて4回転サルコーを決めた。シニアで4回転ジャンプを決めるのは初。女子フィギュアの歴史に名を刻んだ瞬間だった。

 ISU公式ツイッターに「History!」とつづり、実際の場面を公開しているが、大国ロシアの実況席も大興奮だった。国営放送で解説を務めた重鎮タチアナ・タラソワ氏は「4回転サルコーを跳んだ! トゥルシンバエワが!」と絶叫。カザフスタン史上初のメダル獲得を予感させる演技を終えると「ブラボー! ブラボー! カザフスタン!」と喝采を送った。

 さらに、実況が「これは歴史的瞬間です。フリープログラムでトゥルシンバエワが4回転サルコーを自分のものにしました」と話すと、タラソワ氏が呼応し、賛辞を並べた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集