[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、圧巻の世界新! 合計300.97点、“魂の4分間”に会心ガッツポーズ

フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位から逆転を狙った羽生結弦(ANA)は自己ベストを大きく更新し、ともに世界新記録となる206.10点、合計300.97点をマークした。

フリープログラムに臨んだ羽生結弦【写真:AP】
フリープログラムに臨んだ羽生結弦【写真:AP】

世界選手権男子フリー

 フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位から逆転を狙った羽生結弦(ANA)は自己ベストを大きく更新し、ともに世界新記録となる206.10点、合計300.97点をマークした。

【特集】「風を切る音が心地良くて」 最強レーサーが車いす陸上に魅了された理由 / 車いす陸上 佐藤友祈選手(GROWINGへ)

 これが、王者の逆襲だ。羽生が母国で圧巻の舞いを見せた。「オリジン」に乗せ、冒頭の4回転ループを綺麗に着氷。2本目の4回転サルコーは着氷でややバランスを崩したが、怯まない。中盤を美しいステップ、スピンで魅了すると、後半には4回転トウループから3回転アクセルの高難度の連続ジャンプを決めた。

 演じ切ると、羽生はどうだと言わんばかりのガッツポーズ。客席からくまのプーさんのぬいぐるみが降り注ぐ中、割れんばかりの大歓声を一身に浴びた。羽生は94.87点で3位に。首位のネイサン・チェン(米国)を12.53点差で追いかけ、大会史上最大の逆転Vを狙っている。チェンは羽生に続いて登場する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集