[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花だけじゃない 露名選手は坂本花織も絶賛「すべてのジャンプが美しく高い」

フィギュアスケートの世界選手権、注目の女子ショートプログラム(SP)は20日に行われる。日本VSロシアの一騎打ちの様相を呈しているが、ロシアの名スケーターも紀平梨花(関大KFSC)を最有力視。また全日本女王の坂本花織(シスメックス)についても絶賛し、ロシア勢はミスが許されないとみている。現地メディアが報じている。

紀平梨花(左)と坂本花織【写真:AP】
紀平梨花(左)と坂本花織【写真:AP】

2012年大会の銀メダリスト・レオノワが大会を展望

 フィギュアスケートの世界選手権、注目の女子ショートプログラム(SP)は20日に行われる。日本VSロシアの一騎打ちの様相を呈しているが、ロシアの名スケーターも紀平梨花(関大KFSC)を最有力視。また全日本女王の坂本花織(シスメックス)についても絶賛し、ロシア勢はミスが許されないとみている。現地メディアが報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ロシアメディア「sportsdaily.ru」では、2012年の世界選手権の銀メダリスト、アリョーナ・レオノワをインタビュー。「2012年世界選手権の銀メダリストがアリーナ・ザギトワの主な競争相手を指名した」とタイトルをつけ、埼玉での頂上決戦を展望している。

 レオノワはまず、自国の誇る金メダリスト、アリーナ・ザギトワの最大のライバルとして紀平の名前を挙げている。

「技術的な観点でいうとキヒラです。彼女は3回転アクセルを持っています。リスクを冒して、フリーで2回跳ぶ可能性もありえます。そのうち、一つは連続ジャンプで。SPに関しては私が思うに今シーズンで一度もうまく行っていません。特にこのアクセルの部分で問題があります」

 昨年12月のGPファイナルではSPでも完璧な演技を見せたが、紀平はどちらかといえばフリーで巻き返す傾向が強く、その点に関して同氏は指摘している。

 エフゲニー・プルシェンコがSPで大きく出遅れ、逆にミスなしで滑ったライバルのアレクセイ・ヤグディンに敗れた2002年のソルトレイクシティ五輪を引き合いに出し、「もし誰かがミスのない演技をすると、プルシェンコ氏のときのようになるかもしれません」とSPでどんなスタートを切るかに注目している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集