[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花には誰も敵わない!? 露メディアが早くも脱帽「ロシア支配の終焉か?」

フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)が行われる。ロシアメディアでは今季国際大会6戦6勝の紀平梨花(関大KFSC)が平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ、16年、17年大会の世界選手権連覇女王エフゲニア・メドベージェワの時代に終止符を打つ可能性のある存在として大注目している。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

露メディアが女子シングルを特集、紀平を優勝候補筆頭に指名

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)が行われる。ロシアメディアでは今季国際大会6戦6勝の紀平梨花(関大KFSC)が平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ、16年、17年大会の世界選手権連覇女王エフゲニア・メドベージェワの時代に終止符を打つ可能性のある存在として大注目している。

【特集】「風を切る音が心地良くて」 最強レーサーが車いす陸上に魅了された理由 / 車いす陸上 佐藤友祈選手(GROWINGへ)

「ロシア支配の終焉か? リカ・キヒラが日本でザギトワとメドベージェワの王座の脅威となる」と特集したのはロシアメディア「RT」だった。

 記事では「最も技術的に複雑なプログラムとともに、キヒラは女子スケートの世界タイトルを獲得するナンバーワン候補としての地位を確立した」と分析。紀平が優勝候補筆頭と認めていた。

 女王ザギトワを頂点とする女子フィギュア界のロシア政権は依然続くと思われていた。

「ザギトワとメドベージェワが表彰台に立った平昌2018のロシアの大勝利に伴い、ロシアの評論家はコーチのエテリ・トゥトベリーゼを称賛。彼女はスケーターたちを五輪の頂点に押し上げ、評論家たちは数十年に及ぶロシア支配を予想したのだった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集