[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花は「完璧なら誰も倒せない」 米記者は金メダル候補に予想、続くのは?

フィギュアスケートの世界選手権(埼玉)が20日に開幕する。18日から公式練習がスタートした。注目の女子シングルにはグランプリ(GP)ファイナルを制するなど、今季国際大会6戦6勝の紀平梨花(関大KFSC)、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)ら実力者が勢ぞろい。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

米メディアが女子シングルをプレビュー

 フィギュアスケートの世界選手権(埼玉)が20日に開幕する。18日から公式練習がスタートした。注目の女子シングルにはグランプリ(GP)ファイナルを制するなど、今季国際大会6戦6勝の紀平梨花(関大KFSC)、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)ら実力者が勢ぞろい。金メダルに最も近いのは誰なのか。米記者がプレビューを展開している。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 埼玉での世界一決定戦。頂上決戦に相応しい選手が勢ぞろいしたが、優勝に最も近いのは誰か。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏はブログメディア「ロッカースケーティング」で金メダル候補としてまず名前を挙げたのは紀平だった。

 トリプルアクセルという絶対的な武器を持つ16歳は今季国際大会で6戦6勝。全日本選手権で2位となった以外は、すべて表彰台の頂点に立っている。

「リカ・キヒラは完璧な大会とすることができるだろうか? 彼女は今シーズン、何度も復活劇を演じなければならなかった。そして彼女は見事にやってのけた。まだ国際大会では負けていない」

 今季の足跡を振り返った上で、今大会は「これまでとは全く異なる」と最高のメンバーが勢揃いした一戦の持つ意味を強調している。

 その上で「彼女が初の世界タイトルを獲得するためには、トリプルアクセルを含め、力強いショートプログラムが必要だ。他選手と比べるとXファクターはこのアクセルだ。もし完璧な演技を見せれば、誰も彼女を倒せないだろう」とそのポテンシャルを高く評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集